30代に続出!若ハゲと毛細血管の関係

こんにちは。そろそろ花粉でムズムズしてきました。
さて!今回は薄毛について。
「最近生え際が気になってきた」30代が増えています。
割合でいうと30代で約10%~15%、ハゲを心配している若い世代は意外にも多いんですよね。
40代になると30%~35%と2倍増しです!
薄毛の原因については遺伝的な要因だったり、生活習慣の乱れからきているといわれています
ナゼ薄毛になるの・・・?
薄毛の要因は血行不良が大きく関わっています。
髪の毛を支える毛根の周辺には
毛細血管がたくさん存在します。
健康な毛根は毛細血管から栄養を吸収し細胞分裂を繰り返して増殖しながら太くツヤのある毛髪となります。
発毛は良好な毛細血管によってつくられることから、
血管がドロドロ、硬化してしまうと
毛根から栄養を吸収できず、少ない細胞分裂となってしまい、
結果抜けやすい元気のない
髪の毛となります。
高い育毛剤がネットやドラッグストア等でも手に入れることが可能ですが、
血行の悪い頭皮に育毛剤を使用しても全く意味がないのです。
薄毛、白髪、頭部のお悩みで一番の解決策は血流を改善する為の生活習慣が重要となっています。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



関連記事


ヒハツ総合人気ランキング


おすすめ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。